よくある質問

Q.歯磨き粉はどのようなものを使えばいいですか?

A.どのようなものでも構いません。様々な効果がある歯磨き粉がありますが、さほど差はありませんのでお好きなものをお使いください。ただし、顆粒が入っている歯磨き粉の使用はお控えください。顆粒が解けずに歯肉溝や、歯周ポケットに残ることがあり、歯肉炎や歯周炎の原因になります。


Q.一回何分くらい歯磨きすればいいですか?

A.残っている本数によりますが、概ね10分から15分くらいかけて磨いていただけるとかなり綺麗な状態になります。


Q.電動歯ブラシのがいいですか?

A.普通の歯ブラシの方が綺麗になります。ただし、しっかり時間をかけないといけません。短時間で綺麗にするには電動ブラシも有効です。ただし、使い方に気をつけなければ逆に歯や歯ぐきを傷めてしまいます。


Q.どのような歯ブラシがいいですか?

A.先はなるべく小さく、毛は柔らかいものを選んでください。


Q.歯間ブラシはいつすればいいですか?

A.ブラッシングの後に仕上げるようにお使いください。


Q.食後30分空けてから歯磨きした方がいいのですか?

A.知覚過敏がある方は、食後30分から1時間空けてから歯を磨くようにしてください。人のつばの中には歯を強くする成分がありますので、その成分を十分に効かせてから磨くのが効果的です。ただし、むしばのある方や、虫歯になりやすい方、歯周病の方はすぐ磨きましょう。


Q.歯は抜かない方がいいですか?

A.基本的に歯は抜かない方がいいです。ただし、どんな歯でも残せばいいものではありません。残すことで、体に悪影響がある歯は抜いた方がいいでしょう。


Q.自費は保険より長持ちしますか?

A.物自体の長持ちは変わらないと思います。保険の補綴物でも長持ちするときはしますし、自費の補綴物でも取れるときは取れます。ただし、つけている歯の長持ちはかわります。圧倒的に自費の補綴物をつけた歯の方が長持ちします。


Q.歯の磨きすぎや、歯間ブラシで歯ぐきが痩せる、下がるのはなぜですか?

A.歯磨きや、歯間ブラシで歯ぐきが痩せる、下がることはありません。痩せたり、下がったように見えるだけです。なぜ見えるのかと言いますと、歯ぐきが健康な状態になり、引き締まったからです。以前状態が、炎症があり、腫れていた状態だったと言えます。

TOPへ戻る